フェイスラインでお悩みならダウンタイムのない輪郭注射がおすすめ

タオルを巻いた女性

輪郭注射で頬とあご下の脂肪を取り除く

鏡を見る女性

体に脂肪がつくのは嫌なものですが、特にやっかいなのが頬とあご下についた脂肪です。フェイスラインに脂肪がつくと顔が丸く見えるだけでなく体型全体が丸い印象を与えてしまい、実際よりも太って見えてしまいます。
さらに、頬とあご下は脂肪がつきやすく落ちにくい部位であり、一度ついてしまった脂肪は生半可な努力では落とせません。顔周りは効率的にトレーニングすることが難しいこともあり、フェイスラインの頑固な脂肪に悩まされている女性は多く見られます。頬とあご下についた脂肪は憧れの小顔の最大の敵であると言っても過言ではありません。この様に、厄介な頬とあご下についた脂肪対策に効果が期待できるのが輪郭注射です。輪郭注射とは天然植物由来成分の脂肪友会効果を利用する最新の小顔治療で、気になる部位に注射を打つだけで脂肪をスッキリ解消できる画期的な施術です。頬とあご下についた脂肪も輪郭注射を打つだけで簡単に解消できるので、丸顔に見られる悩みも解決できます。
美容クリニックへ相談すれば輪郭注射で落とす脂肪の量はコントロールできます。フェイスラインを整えながら余分な脂肪のみを落とせるので、げっそりと痩せた印象を与えずに美しいフェイスラインをつくり上げることができます。

輪郭注射のダウンタイムは数日間

植物由来成分を利用して顔周りの脂肪を解消する輪郭注射が注目を集めています。フェイスラインの崩れの原因となる顔周りの脂肪を努力不要で解消できる輪郭注射は即効性が高く、施術から1週間程度で確かな効果が実感できます。たるんだ二重あごもぷっくりと膨れた下膨れ顔も輪郭注射でシャープに引き締まった輪郭に生まれ変わります。
輪郭注射のような小顔治療で気になるのが健康への影響です。天然植物由来成分を利用する輪郭注射は世界各国の研究機関で安全性が確認されており副作用の心配はほぼありません。ただし、施術後は注射した部位に軽い赤みや腫れ、痒みなどの症状が現れることがあります。症状は数時間で収まるので心配いりませんが、元の健康な状態に戻るまでにはダウンタイムを取る必要があります。完全に元の状態を取り戻すまでには数日間のダウンタイムが必要で、数回に分けて施術を行う場合は2週間程度の間隔を開けるのが一般的です。
ダウンタイム中は施術部位に刺激を与えないようにする必要がありますが、その他に特に注意すべきことはなく普通に生活して構いません。食事などもいつもどおりでOKです。ダウンタイムで何かわからないことがあれば施術した美容クリニックへ相談しましょう。生活指導を含めたアフターケアについてアドバイスをもらえます。

輪郭注射はまず美容クリニックに相談するとよいです

輪郭注射は切らない治療として注目されています。顎のたるみや二重顎、エラの張り、左右非対称といったゆがみの修正など顔面下部の悩みを解消することができ、手術時間も10分程度と短く、効果も早ければ翌日には実感が得られやすいとして若い女性から高齢の女性に人気が高まっています。さらに美容意識の高い男性の利用も増加しています。
この輪郭注射を受ける際には美容クリニックへ相談するとよいです。輪郭注射は美容処置になりますが、医療行為に該当するため、医師などの医療従事者の診断が必要となります。さらに治療は直接、身体に薬剤を入れるため、アレルギーなどの体に合うかどうかのチェックを問診などの診察を受ける必要がありますが、その際に輪郭注射について不明な点やを確認することができるので、納得してから治療が受けられます。ただし、注意点として基本的に保険が適用されない自由診療になるため、高額な費用が掛かる場合もあります。
自由診療の場合には美容クリニックによっても費用に差があるため、事前に美容クリニックのサイトに確認するとよいです。さらに最近ではネットにて美容クリニックなどの口コミサイトなども登場しているので、参考にしやすくなっています。

イチオシ

更新情報